メニュー

  • 平成30年度 圏央所沢病院 病院指標

    1. 年齢階級別退院患者数
    2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 脳梗塞の患者数等
    6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
    年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
    年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 0 19 30 27 76 135 216 509 445 128
    平成30年度の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
    当院は、「埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク(SSN)」の基幹病院として脳梗塞急性期の患者さんに対する「血栓溶解療法(t-PA)」ならびにカテーテルによる「血栓回収療法」を実施しています。
    高齢化の影響もあり、入院患者の70歳以上が過半数を占める構成になっています。
    年代別の主な疾患は、30歳代以下では、腸炎の消化器系と骨折などの外傷疾患が多くみられ、40歳代~60歳代では、脳梗塞と脳出血が多くみられます。70歳代以上では、脳梗塞がほとんどを占めており、次いで肺炎と尿路の感染症が多い結果になります。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
    脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 64 15.75 16.18 3.13 69.47
    030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 35 5.4 5.1 0 68.26
    010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 8.1 7.28 13.33 65.1
    160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 15.08 7.35 16 77
    160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 12.13 9.69 8.33 74.25
    脳梗塞の患者さんが半分以上を占めており、次いで多いのがめまい(前庭機能障害)の患者さんです。急性期の脳梗塞では、発症から4.5時間以内に治療が開始できるt-PA(血栓溶解療法)や、24時間以内に治療が開始できるエダラボン投与や、早期に治療が開始できているため、個人差はありますが、2週間前後で退院が可能になります。また、院内にリハビリテーション病棟もあるため、後遺症が残ってしまった患者さんにも、積極的にリハビリを行っております。
    整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160690xx01xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 脊椎、骨盤脱臼観血的手術等 副傷病なし 52 28.65 32.06 23.08 79.81
    070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 49 29.96 21.39 10.2 75.1
    160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 46 31.61 26.3 50 85.39
    160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 27 4.33 5.68 0 63.59
    070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 20 46.6 24.26 15 76.6
    整形外科では、ほとんどが外傷によるもので高齢者の患者さんが多いです。主な原因は、骨粗鬆症により骨がもろくなり、骨折を起こしやすくなります。そのため、ちょっとした転倒でも脊椎が潰れ、大腿骨等の大きい骨が折れてしまいます。当院で手術を行った患者さんは、院内のリハビリテーション病棟でリハビリを実施し、必要があれば退院後、外来でもフォローをしております。
    内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 18.88 20.92 13.95 83.88
    030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 26 2 2.04 0 54.77
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 16 7.25 12.58 6.25 58.81
    040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 10 9.8 6.14 0 82.50
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9 25.56 17.66 11.11 85.78
    誤嚥性肺炎は、細菌や唾液や食べ物と一緒に誤嚥され、気管支や肺に入って起こる疾患です。高齢の人に多く、当院でも80歳代の人が多く罹患しています。次に多い、睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう疾患です。主な原因は、休養・喫煙・飲酒・等の生活習慣が原因となります。30~60歳代の働き盛りの男性に多く診られ、当院でも増加傾向であります。1泊2日の入院で検査し、睡眠時無呼吸症候群の診断を行っております。
    外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 17 7.35 4.96 0 66.35
    050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 8 10.63 11.01 0 76.13
    060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 3 6.67 7.3 0 64.67
    040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし 2 50 39 50 81.5
    060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 2 2 2.67 0 74.5
    鼠径ヘルニアは「脱腸」と呼ばれているものです。ヘルニアとは、体内の臓器が本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態のことです。乳児から高齢者までどの年齢でも起こり得ます。当院では、60歳代に多く、手術は腹腔鏡下の手術になるため、傷口も小さく患者さんの負担も軽減され、1週間程度で退院が出来ます。
    眼科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 18 2 2.84 0 78.22
    当院には眼科はありませんが、系列のクリニックに受診の患者さんが手術の為、来院します。日帰り手術が多いですが、リスクの高い方や日帰り手術に不安のある方には、入院手術の対応をしております。
    泌尿器科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 33 15.88 12.58 3.03 77.7
    11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 16 2 2.72 0 57.19
    110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし 9 3.11 6.4 0 77.56
    110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 7 9.86 35.65 0 77
    11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 6 8.33 7.4 16.67 56.83
    尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎)は、通常尿道から細菌が侵入することにより発症します。侵入した菌がどこで増殖するかにより、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などに分類されます。当院の患者さんは、腎盂腎炎が多い結果となりました。この中で一番症状が強く、時には細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がってしまう病気(敗血症)の原因となることもあります。抗菌薬による薬物療法で、通常でしたら2週間前後で退院となります。
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 0 0 0 1 1 0 1 7
    大腸癌 0 0 0 0 0 0 1
    乳癌 0 0 0 0 0 0 0
    肺癌 0 0 0 2 1 0 1 6
    肺癌 0 0 0 0 1 0 1 7
    肝癌 0 0 0 0 0 0 1
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    日本で最も罹患率の高い5つの癌(胃・大腸・乳・肺・肝)のUICC病期分類別(ステージ)、及び再発に分けて集計をしたものです。UICC病期分類とは、国際対がん連合(UICC)により定められた、癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4分類に分ける方法です。分類には、T分類(癌の大きさ・広がり・深さ)N分類(リンパ節への転移)M分類(他の臓器の遠隔転移)の組み合わせによってⅠ期~Ⅳ期が決まります。当院は、癌の専門治療に特化していないため、近隣の大学病院や専門の治療が出来る病院と連携を図り、患者さんを紹介しています。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
    患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    軽症 3 6.33 38
    中等症 15 19.8 79.8
    重症 1 6 78
    超重症 1 13 86
    不明 0 0 0
    市中肺炎とは、一般社会生活を送っている人に見られる肺炎のことで、身体所見や年齢による肺炎の重症度分類(A-DROP)により重症かどうか判断されます。病院や施設で発生した肺炎や、誤嚥による肺炎は除かれます。軽症(重症度0)は外来治療、中等度(重症度1~2)と重症(重症度3)は入院治療となります。
    当院では、中等症の患者さんが多く高齢になるにつれて重症度が上がる傾向にあります。
    脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
    発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    3日以内 199 29.76 73.96 10.09
    その他 19 47.68 73.74 1.38
    脳梗塞は、発症3日以内、4日以降7日以内、8日以降と症状がない無症候性の3パターンがあります。その中でも当院は、発症3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが9割を占めています。発症4.5時間以内の超急性期脳梗塞には、血栓溶解療法(t-PA)といって、脳の血管に詰まっている血栓を薬によって溶かして、血流を回復させる治療とカテーテルによる「血栓回収療法」を実施しています。当院では急性期治療を終えた患者さんは、回復期リハビリテーション病棟に転棟し在宅復帰に向けたリハビリを実施しています。
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
    脳神経外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 0.33 14.86 9.52 75.10
    K178-4 経皮的脳血栓回収術 16 0.19 46.94 31.25 75.25
    K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 11 0.36 70.91 9.09 64.45
    K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 8 1.5 49.38 25 69.63
    K1781 脳血管内手術(1箇所) 7 1.14 47.71 14.29 60.43
    慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は、外傷が原因のものであり、転倒による頭部外傷等(外傷性慢性硬膜下血腫)などが挙げられます。血栓回収術は、超急性期脳梗塞の患者さんに対する治療(発症から8時間以内)となります。カテーテルという細い管を足の血管から挿入して、頭の中の血管を詰めている血栓を溶解したり、回収したりして閉塞した脳の血管を再開通させる方法です。当院は埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク(SSN)の基幹病院となってから件数が増加傾向にあります。 
    整形外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 62 6.63 28.85 20.97 79.87
    K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 52 3.65 22.98 9.62 72.71
    K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 38 5.63 25.76 31.58 83.61
    K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 31 1.55 3.13 0 63.19
    K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 27 5.22 27.7 37.04 81.96
    腰部脊柱管狭窄症や脊椎の圧迫骨折に対する手術が半数以上を占めております。在宅復帰に向けて、リハビリを強化し術後30日以内で退院されています。リハビリを専門的に必要する患者さんには、リハビリ専門病院へのご紹介も行っております。
    泌尿器科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 16 0 1 0 57.19
    K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 12 2.75 8.08 16.67 54.83
    K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 10 1.1 7 0 73.9
    K797 膀胱内凝血除去術 9 0.78 23.22 11.11 78.78
    K805 膀胱瘻造設術 5 0.4 4.6 20 57.4
    尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は、通常1泊2日の短期入院での治療になります。膀胱結石摘出術と膀胱内凝血除去術の転院率が高い理由として、脊髄損傷の後遺症による膀胱機能障害となってしまった患者さんが、近隣のリハビリテーション病院より治療の為転院されるケースが多いからです。こちらの治療が終了しましたら、元の病院に転院し、引き続き治療等を行っていただきます。膀胱癌の患者さんは、当院で化学療法も行っているため、手術後も外来で定期的に経過観察を行っております。
    眼科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 17 0 1 0 79.71
    K269 虹彩整復・瞳孔形成術 1 0 1 0 53
    眼科では、多くが日帰り手術の患者さんですが、合併症などのリスクの高い患者さんは入院になります。入院の場合は、入院当日に手術を行うため、全て術前0日の1泊2日で退院しています。
    外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 17 2.18 4.18 0 66.33
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 8 3 4.5 0 74.8
    K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 9 1.86 11.57 28.57 68.78
    K654 内視鏡的消化管止血術 7 17 23 0 80.71
    K597-2 ペースメーカー交換術 6 1 6.8 0 83
    外科では、内視鏡や腹腔鏡による手術が多いため入院期間1週間程度で退院できます。
    開腹手術と違って傷口が小さいため、早期の社会復帰が可能となります。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
    異なる 13 0.82
    180010 敗血症 同一 2 0.13
    異なる 1 0.06
    180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
    異なる 8 0.5
    180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.44
    異なる 2 0.13
    「入院契機同一」とは、入院した時に各傷病名の疾患(播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症)と判断されている患者さんであり、「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の疾患で入院したが、その後に各傷病名の状態となり、入院時の疾患よりも更に多く医療資源を費やした場合の事を意味します。
    播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症は、全体の退院患者数(1958人)の1.7%になります。
    手術・処置等の合併症の内訳としては、術後の創部や挿入物、カテーテルからの感染や、吻合部の閉塞が原因でした。手術において合併症が発生する可能性があることから、術前に合併症の説明をするとともに、もし、合併症が発生した場合には、適切な治療を行ってまいります。
    更新履歴
    2019/9/17

    閉じる