メニュー

  • 平成29年度 圏央所沢病院 病院指標

    1. 年齢階級別退院患者数
    2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 脳梗塞の患者数等
    6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
    年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
    年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 0 8 32 47 85 127 266 488 559 148
    平成29年度の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
    当院は、「埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク(SSN)」の基幹病院として脳梗塞急性期の患者さんに対する「血栓溶解療法(t-PA)」ならびにカテーテルによる「血栓回収療法」を実施しています。
    高齢化の影響もあり、入院患者の70歳以上が過半数を占める構成になっています。年代別の主な疾患は、50歳代以下では、脳梗塞、睡眠時無呼吸症候群、脊髄疾患(脊髄障害による排尿障害)、60~70歳代では脳卒中、腰部脊柱管狭窄症、80歳以上では、脳梗塞、誤嚥性肺炎、心不全などがあります。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
    脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 88 24.56 16.38 6.82 68.84
    010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 42.49 19.10 8.51 67.02
    160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 6.34 9.68 2.63 74.63
    030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 37 3.97 5.15 0.00 72.89
    010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 34 26.65 18.34 5.88 77.26
    脳卒中の患者さんが半数以上を占めており、その中でも脳梗塞が非常に多いです。平均在院日数が全国値より高い傾向にありますが、院内に回復期リハビリテーション病棟があり、リハビリに力を入れているため平均在院日数が長くなっています。
    整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 69 30.58 21.70 1.45 74.12
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 51 32.10 27.09 41.18 82.55
    160690xx01xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 脊椎、骨盤脱臼観血的手術等 42 25.55 33.95 14.29 78.36
    160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 21 3.14 5.54 0.00 52.76
    160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 19 4.16 5.21 10.53 66.37
    当院で一番多い結果となった腰部脊柱管狭窄症は、日常生活の中で多くの人が抱えている腰痛の原因の一つです。腰椎(腰骨)の一部である椎間板や椎間関節と呼ばれる部位の老化、悪い姿勢によって発症します。転倒が原因で起こる太もも(大腿骨)辺りの骨折や前腕の骨折、腰椎圧迫骨折や変形性膝関節症など、高齢者に多く診られる疾患が含まれています。
    内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 18.00 20.83 10.42 86.56
    050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 25 40.52 24.77 48.00 89.56
    150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 23 6.04 5.50 0.00 53.61
    060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 10.00 10.91 7.14 68.00
    040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 12 9.25 6.03 0.00 76.08
    昨年度に引き続き、誤嚥性肺炎が多いです。その他に、ウイルスや細菌による腸炎、インフルエンザなどの感染症があります。インフルエンザはワクチンが追いつかず大流行したため、前回より患者さんの数が、老若男女問わずとても増えています。心不全の平均在院日数が全国値より長い理由は、高齢の患者さんが多いため心不全で入院中に、肺炎を併発しているケースが増加傾向にあるからです。
    泌尿器科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 29 11.93 12.34 0.00 76.59
    010080xx97x0xx 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術あり 手術・処置等2なし 13 8.31 36.68 15.38 40.46
    110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 17.00 14.30 0.00 78.83
    110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 11.73 7.31 9.09 76.09
    110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 副傷病なし 9 13.11 14.59 22.22 78.67
    腎・尿路疾患、男性生殖器系疾患の診療をしています。その中で1番多い疾患が尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎など)です。次に多い脳脊髄の感染を伴う炎症とは、転倒転落や交通事故、スポーツなどの外傷によって脊髄を損傷し、体に麻痺が残ってしまう病気です。麻痺があるため、自身で排尿・排便ができなくなってしまい膀胱機能障害が起こってしまいます。近隣のリハビリ専門病院と連携し、入院している患者さんを受け入れて専門の治療のみ行っているため、平均在院日数が全国値よりも短いです。若い世代の方に多く診られます。
    外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 8.20 7.40 0.00 51.00
    050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 5 8.60 11.21 0.00 70.60
    060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 5 6.80 6.64 0.00 67.40
    060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 2 9.00 5.56 0.00 53.00
    050200xx97xxxx 循環器疾患(その他) 手術あり 1 3.00 10.07 0.00 79.00
    1番多い胆嚢炎は、普段の食生活から起こる病気です。コレステロールの摂りすぎによって出来た胆石は、炎症し胆嚢炎になります。40歳以上の中年の女性に多く診られますが、当院での男女比は半々です。循環器疾患では、ペースメーカの移植や電池交感が多い結果となっています。退院後も定期的に診察しペースメーカに異常がないかなど、業者さんと共に確認しています。
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 0 0 0 1 0 0 1 6
    大腸癌 0 0 0 0 3 0 1 6
    乳癌 0 0 0 0 0 0 1 6
    肺癌 0 0 0 2 1 0 1 6
    肝癌 0 0 0 0 2 0 1 6
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    現在、日本で最も罹患率の高い5つの癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)のUICC病期(ステージ)分類別、及び再発に分けて集計をしたものです。
    UICC病期分類とは、国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発癌の大きさ・広がり・深さ、②原発癌に所属しているリンパ節転移の状況、③他の臓器の遠隔転移の状況の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
    当院は、癌の専門治療に特化していないため、近隣の大学病院や専門の治療ができる病院と連携を図り、患者さんを紹介しています。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
    患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    軽症 13 9.08 58.15
    中等症 26 15.31 77.46
    重症 7 16.57 81.43
    超重症 1 21.00 79.00
    不明 0 0.00 0.00
    市中肺炎とは、一般社会生活を送っている人に見られる肺炎のことで、身体所見や年齢による肺炎の重症度分類(A-DROP)により重症かどうか判断されます。病院で発生した肺炎や、誤嚥による肺炎は除かれます。軽症(重症度0)は外来治療、中等症(重症度1~2)と重症(重症度3)は入院治療となります。
    当院では、中等症の患者さんが多く、高齢になるにつれて重症度が上がる傾向にあります。
    脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
    発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    3日以内 245 37.89 73.73 12.08
    その他 20 48.50 73.75 1.13
    ICD10とは世界保健機関(WHO)が作成する疾病、傷害及び死因の分類です。
    発症3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが9割を占めています。発症後4.5時間以内の超急性期脳梗塞には、血栓溶解療法(t-PA)といって、脳の血管に詰まっている血栓を薬によって溶かして、血流を回復させる治療とカテーテルによる「血栓回収療法」を実施しています。当院での、急性期治療を終えた患者さんは、回復期リハビリテーション病棟に転棟し在宅復帰に向けたリハビリを実施しています。
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
    脳神経外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 0.28 11.88 12.00 79.16
    K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 0.65 55.45 15.00 63.90
    K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 0.24 110.47 47.06 71.24
    K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 7 10.00 11.86 0.00 72.43
    Kコード 脊髄ドレナージ術 6 0.17 93.17 16.67 60.50
    脳神経外科では、慢性硬膜下血腫の手術が多いですが、他の手術の件数と比べて、あまり大差はないです。慢性硬膜下血腫の殆どは、外傷が原因のものであり、転倒による頭部外傷などが挙げられます。頭蓋内血腫除去術は主に脳出血、脳動脈瘤頸部クリッピング術は、主にくも膜下出血に行う手術です。
    整形外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 71 2.24 24.58 2.82 70.75
    K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 56 4.02 29.04 12.50 77.84
    K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 33 4.79 15.79 33.33 81.70
    K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 33 5.91 30.21 39.39 81.06
    K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 31 1.58 2.94 0.00 64.26
    整形外科では、腰部脊柱管狭窄症の手術が半数を占めており、最も多く行っています。在宅復帰に向けて、リハビリを強化し術後30日以内で退院されています。
    泌尿器科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 18 6.33 7.17 22.22 54.89
    K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 14 1.07 13.50 7.14 77.50
    K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 11 0.00 1.00 0.00 52.00
    K797 膀胱内凝血除去術 6 3.50 17.00 16.67 89.17
    K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 5 4.40 5.40 20.00 70.60
    泌尿器科では、膀胱結石や膀胱機能障害に対する膀胱結石摘出術(経尿道的手術)です。外傷による膀胱機能障害の患者さんが多いため、術後専門の施設に転院する患者さんがいます。そのため転院率が22%となります。膀胱癌の手術をした術後の患者さんは、当院で定期的に経過を診ているため転院率が10%以下となっています。膀胱癌の患者さんには、当院で化学療法も行っています。
    外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 2.56 4.38 0.00 57.31
    K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.87 4.07 0.00 61.47
    K597-2 ペースメーカー交換術 5 1.00 6.00 0.00 73.20
    K654 内視鏡的消化管止血術 3 3.00 28.33 33.33 81.33
    K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 3 5.33 1.00 0.00 70.67
    外科では、胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。腹腔鏡下手術は、開腹と違って大きくお腹を切らないため、患者さんへの負担が軽減でき、傷口も小さく入院期間1週間程度で退院できます。そのため早期の社会復帰が可能です。
    眼科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 27 0.00 1.00 0.00 78.37
    眼科では、多くが日帰り手術の患者さんですが、合併症などのリスクの高い患者さんは入院になります。入院の場合は、入院当日に手術を行うため、全て術前0日の1泊2日で退院しています。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
    異なる 14 0.80
    180010 敗血症 同一 0 0.00
    異なる 3 0.17
    180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
    異なる 4 0.23
    180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.85
    異なる 4 0.23
    「入院契機同一」とは、入院した時に各傷病名の疾患(播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症)と判断されている患者さんであり、「入院契機と異なる」とは、入院した時には別の病気で入院したが、その後に各傷病名の状態となり、入院時の疾患よりも更に多く医療資源を費やした場合の事を意味します。
    播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症は、全体の退院患者数(1,789人)の約2%になります。手術・処置等の合併症の内訳としては、術後の創部や挿入物からの感染やゆるみ、吻合部の狭窄・閉塞が原因でした。手術において合併症が発生する可能性があることから、術前に合併症の説明をするとともに、もし、合併症が発生した場合には、適切な治療を行ってまいります。
    更新履歴
    2018/9/21

    閉じる