〔圏央所沢病院〕透析科

圏央所沢病院HOMEへ  >  透析のTOPへ  >  体成分の測定と管理は重要です
In Body

 

体成分の測定、管理。In Bodyとは?

 当院では体成分の測定を高精度で行うために、In BodyS10という機器を導入しています。この装置は、生体に微弱な電流を流すことで、体の体水分量、体脂肪量、筋肉量などを測定することが出来ます。

 

In Body

 

In Bodyで分かること

 

In Body

 

In Bodyの重要性

 例えば、透析患者様の体調を管理していく上で、DWの調整は重要です。
通常は、体の浮腫みや普段の血圧、胸部レントゲン写真での心臓の大きさ、hANPと呼ばれるホルモンを測定するなど、様々な角度から調整を行います。しかしながら、これらの指標は、加齢や病態の影響を受けて、正確な評価が難しくなる場合があります。このような場合、In Bodyによる体水分量の測定は重要な指標となります。

 また、筋肉量、脂肪量を定期的に測定することは、運動療法や栄養管理など、長期間の観察や、各患者様に合わせた内容の提供を必要とする取り組みにおいても非常に有用です。

 上記のような理由から、In Bodyは、高齢化を迎える透析医療において、大切な役割を持つ装置であると考えています。

 

In Body

 

   Copyright (C) 2009 KENOTOKOROZAWA HOSPITAL All rights reserved.