〔圏央所沢病院〕透析科

圏央所沢病院HOMEへ  >  透析のTOPへ  >  シャント管理(シャント作成術・PTA)
当院ではシャントOPE、PTAを行っています。

 

 透析患者様のシャントは透析治療を行っていく上でとても大切なものです。このシャントが不良になると透析効率の低下が起こり、十分な透析が行えません。
 当院では、医師を中心としたシャント管理チームが、シャントトラブルの早期発見を目標に活動しています。また、当院の透析医による自施設内でのシャントOPE、シャントPTA(経皮的血管拡張術)を行うことが出来ます。
 シャント管理チームの活動内容としては、STSシートによるシャントチェック、検査科との連携による、シャントエコーの実施や評価の他、シャントPTA時には介助者として手術にも携わっています。

 

写真
【局所麻酔なので狭窄部位などを患者様に説明出来ます】

写真
【当院の透析医にてPTA施行中】

写真
【シャント管理チーム】

   Copyright (C) 2009 KENOTOKOROZAWA HOSPITAL All rights reserved.