〔圏央所沢病院〕透析科

圏央所沢病院HOMEへ  >  透析のTOPへ  >  オンラインHDF/I-HDF
所沢市内の外来透析では唯一のオンラインHDF治療可能施設です

 

オンラインHDFとは
 オンラインHDFは合併症の発生を抑え、生命予後を改善することが報告されています。このことから、患者様により良い治療を提供するため、当院では全患者様にオンラインHDFを実施しています。


DCS−100NX
オンラインHDF専用装置

 

オンラインHDFに期待される効果
【短期的臨床効果】
1. 関節痛の改善
2. 皮膚症状(掻痒感、乾燥)の改善
3. 食欲不振の改善
4. 透析困難症(透析中の低血圧)の改善
5. 貧血の改善
6. レストレスレッグス症候群の改善
7. 不眠症の改善

 

【長期的臨床効果】
1. 透析アミロイドーシスの進行・発症の抑制
2. 栄養状態の改善
3. 動脈硬化進行の抑制 等

 

【透析液の清浄化】
 オンラインHDFを行うためには清浄化された透析液が必要です。
 当院で使用される透析液は厳密に管理されたRO装置によって製造された超純水が使われています。
 その超純水を使用した透析液はISOで定められている透析液水質基準を上回る水質を維持しています。また、透析液を供給する配管は、半導体工場と同レベルの特殊配管を用いており、徹底的に透析液清浄化を追求しています。
 また、透析液の水質は装置に熟知した専属の臨床工学技士によって管理されており、日本臨床工学技士会の定める透析液安全管理責任者セミナーにも参加し更に質の高い透析液の管理に努めています。

 

透析液の清浄化

 

 

最新の治療方法「IHDF」の導入
IHDF(Intermittent Infusion Hemodiafiltration:間歇補充型血液透析濾過)

 近年登場した新しいタイプの治療法です。
現在、全国的に普及が進みつつありますが、実施可能な施設数は未だ少なく、比較的珍しい治療法となります。当院はその効果と有用性に着目し、所沢市内で先端導入致しました。

 IHDFは、治療中に間歇的な補液を行うことで末梢の循環を改善し、透析中の低血圧の防止、老廃物除去を促進するなどの効果があります。透析困難症への効果はオンラインHDFと同程度でありながら、栄養状態への影響が少なく、高齢者、栄養状態の悪い方に適した治療法です。

 また、当院は関連の学会および研究会へ積極的に参加し、IHDFをテーマに学会発表も行うなど、IHDFの最新情報と研究成果を患者様に還元出来るよう努めています。


   Copyright (C) 2009 KENOTOKOROZAWA HOSPITAL All rights reserved.