Menu

「脳ドック」についての専用サイトを新たに開設しました。

早期発見・治療のためには定期的に脳ドックを受けることが重要です。

 

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、あまり自覚がなく突然起こるイメージですが、

実は、発症リスクは年月をかけて次第に高まっている場合が多いです。

 

また、脳卒中は中高年に発症するイメージの脳梗塞ですが、

30代~40代という若い世代でも発症する人も増えています。

 

脳血管疾患の危険因子を出来るだけ早い段階で発見し、発症を未然に防ぐために、

定期的に検査を受けることが有効な予防法のひとつと言えます。

 

「脳ドック」に関する専用サイトはこちらより

関連施設Facility

 

 

more