〔圏央所沢病院〕透析科

透析センターのご案内

 当院の透析センターは平成30年4月に新規移転し、既存44床→112床の透析センターになりました。
 新しい透析センターでは、「患者様に寄り添った透析医療」をテーマに多くのコンセプトを取り入れております。

 全床オンラインHDFをはじめ、合併症対策としての運動療法や栄養管理、フットケアの一環であります、「高濃度炭酸泉」の導入、快適な透析時間を実現させるための「輻射空調」の設置など、治療面や環境面において充実した透析環境となっております。透析主治医を中心に臨床工学技士、看護師1名ずつが各患者様の担当となり、日々の透析ライフ全般をサポートさせていただいております。

 透析を行っていく上で、食事・水分管理、毎月の血液検査や胸部レントゲン写真などから決められるDW(ドライウェイト)管理や内服薬についてはもちろんのこと、合併症対策について、更には日々の悩みや通院手段など様々なことをサポートさせていただきます。

 また、それらを実現するために、当院透析センターでは専門チームを作っており、より質の高いサポートができるよう取り組んでおります。
 透析はしっかり食べて、よく動き、しっかり透析することが重要です。透析治療を向上させることで、患者様の体調不良、合併症によるADL(日常生活動作)低下を防ぎ、QOL(生活の質)の向上を目指したいと考えております。

 また、当院には透析センタースタッフのほか、専門のコメディカルスタッフが透析治療に携わっており、あらゆる場面で患者様をサポート致します。

透析センター 課長 志賀

 


 

透析クール(平成30年4月現在)

 

透析センター

 

透析センター
向井藤夫先生
  • 透析担当医: 向 井 藤 夫

  • 信州大学医学部卒業

  • 身障(心臓機能障害)指定(埼玉県)

  • 身障(腎臓機能障害)指定(埼玉県)

 

透析センターのスタッフ

・常勤医師1名   
・非常勤医師4名  
・臨床工学技士16名
・看護師15名   
・看護助手5名   
・透析医事3名   

 



 

   Copyright (C) 2009 KENOTOKOROZAWA HOSPITAL All rights reserved.